日本勝ちました…。

勝ちました。はい順当に。しかしこの物足りなさはなんだろう。日本でなく、贔屓の目もなく見ていたら、前半間違いなく応援したくなるのはバーレーンだった。
なんというか、惜しい!とか、もう少し!とか、ジーコになってからの日本には、スポーツをする人間の、人間ならではの醍醐味が感じられないのだ。どうしてこんなにつまらないんだろうと漠然と思っている人は多いと思う。一言で言ってしまえばそれは「人間臭さ」が感じられないことではないかと思う。
確かに、無難ではある。そして、その「無難であること」のために、莫大な努力を選手たちが払っていることは疑いようも無い。だがそのことを図っているのがシステマチックな戦術をひいたトルシェではなく、むしろ表向きは「選手の自由度」を訴えたジーコであること、そしてその下で選手がむしろトルシェ時代以上に「無難」に振舞おうとしてしまっていることが、フラストレーションの原因ではないだろうか。

ジーコは、選手に「自由」を与えた。しかし問題は、「自由」を与えられた選手たちが、「勝つ」こと、そしてそのために必要な最低限のことを、おそらくどうしようもなく、だれもが高いレベルで認識してしまっている、ということではないだろうか。日本人に「自由」を与えた結果は、おそらくジーコ本来の思惑とは100%違う方向だった。日本人は「自由」を与えられるのが世界的にも最も苦手な部類の文化を持っている。しかしジーコには否定はできない。

勝っている、しかも大事な試合では、どういう過程にしろ、外さず勝っているのだから、結果的にはどうしようもない。でも、突発的な力というのは、いつも規格外のものだ。たとえば今日の試合で、「絶対に3-0で勝つ」と、ココロのそこから思い込める選手がいただろうか。今までの日本の戦いの中で輝いていた部分はおそらく世界のレベルがわからないままに、なんでもやってやる、といった選手がいるアンバランスさだ。もちろん勝率でいえば今の代表とくらべれば博打のようなものだ。しかし、間違いなく面白かったし、そこに「ドーハ」やら「ジョホールバル」などの、伝説も生まれる余地があったのだ。
今の日本代表は間違いなく「世界のレベル」を知っている。そしてジーコが与えた「自由」に対して日本人選手の答えは著しく日本的で、「調和を乱さず、安全なプレーをして、勝つ」だった。どこにも批判のつけようが今のところ無いが、スポーツ、特にサッカーの持つダイナミズムが好きな僕らの不満も払拭されようがない。
フランス後、世界で活躍する日本人フットボーラーたちも、実はそんな「日本的」なチームに準じる個性が、好む人に好まれたのではないかと、今日の中田英寿を見てすらそんな気がしてしまう。
どこかでおおきなしっぺ返しが来るのを、恐れているような望んでいるような、そんな心境だ。
そして、そんな日本人の「勤勉(怠惰)さ」は、チームに1人、規格外の選手が現れれば、チーム全体が変わることを思わせる。かつての中田がそうだったように。そういう規格外の選手を包み、いいところを出しつつ、それぞれがそれぞれのよさを発揮する、それも限りなく「日本的」な「自由」の発想だからだ。

ジーコがあと20歳若かったらなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)