« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

レシピ診断してみた。

すると。

大豆イソフラボン 29.14 kgダージリンティーの茶葉 32.86 kgクリスマスという名の調味料と良心のいう名のスパイスを加えます。

これらを良く混ぜ合わせます。

次に59分間焼き上げます。

最後に隠し味として理想を少々振りかけて、ぐちゃぐちゃに盛り付ければでき上がり!!

備考
手に入る所:老舗デパート
お値段 (一人前):8042万円

…こんなことになった。
http://essence.matrix.jp/recipe/recipe.cgi

泊まって、ずっと仕事をする。
途中余りに息苦しくて、ちょっと喫茶店に逃避。
ペペロンチーノを食べる。

それで占いづいて、ネットで姓名判断を見てみたら、
どれも意志薄弱って書いてあって、へこんだ。
あと人から見える相がどれも「凶」。
人見知りひどく、自意識が強い割に
人の目を気にするそうな。はああ。

今日は帰ろう。
場所が変わればいい展開を思いつくかもしれないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4300件×30万=!?

★全国交通一斉取締りで、4300件が飲酒運転。
ってことは、警察にその日だけで、1億2千万円とかじゃん、罰金が。
警察はその金どうすんの?
…でも人一人の生命保険って、基本1億。
ばかばかしい、やめよー、飲酒運転。
…でも田舎では、車でないと行けない場所に、結構居酒屋ってあるしな。

★毎日汗をかいて、暮らしていれば大丈夫と、
確か思っていたのだけどな。
なんかうまくいかないのだな。どこで汗かけるかな。

★年々高いところが怖くなるように、年々人が怖い。
こんなこと書いているのが問題っちゃー問題だが。
…ので、課題未解決。

16日(土)。
板橋にある、校庭が芝生の小学校に取材。
でもあまり乗り気でないようで、どうも厳しい。
行く途中朝霞のブックオフに寄る。こういう郊外型の、
どうでもいいマンガがいっぱいある店が、浦和に無くて残念。
帰ってすごく久しぶりにサッカーを見た。
んで確か「7人のおたく」を見た?
昨日さっちゃん宅から頂いたというさんまを、
塩焼きで食べる。ワタまで大変うまかた。
のだけど、もう一匹を相方が焼いてほぐして
酢醤油に漬けていたものがあって、
これも大根おろしで食べるとバカウマ。

17日(日)。
休んだ。でも休んでいいのかひっかかってるので、
すごく精神的に切れ目がない。
「ホールドアップ・ダウン」と、「隣人13号」を見た。
ホールドアップダウンは、岡田が
ほとんど生身の出番なく、
凍ったキリストみたいな人形でほぼ出演という、
無理やりな設定に
芸能界のいろんな力関係を見た。
その無理やりな設定だけが面白かった。
隣人13号は、
最後、マンガでは終われる構成が、
映像では「終われない」典型を見た。
緻密なものが急にバラけても、
バラけたものが急に緻密になっても、
映像はダメだ。

18日(月)。
すごく問題がある。整理整頓ができない。
以前に比べても段違いにできない。
理由がわからない。いやわかる。
かなり象徴的な問題。

19日(火)。
・VHS→編集→AVI→WMVへのエンコード作業。
・ケースナンバー抜きのAVI→WMV編集作業。

20日(水)。
南大沢へ。遠い。取材。
乗り換え、調布と府中を間違える。
首都大学東京と東京都立大学が
同じ敷地内にあるけれども、
ちがう大学なの?

21日(木)
某にて大地を守る会のFさんに取材。
時間無く、あまりお話が聞けず。
お話の説得力に安心する。
「しっかりとした問題意識」とか。

22日(金)。
この日から本番まで仕事場を某にうつす。
あんまりイイタクナイだけど、すごく、なんか、暗い。
で、とんでもなく●■で、★▲だ。邪気…。

23日(土)。
ロケ。学校。午後世田谷の緑化のお家。
学校はいい感じで撮れたのに、
最後にカウンターをくらう。
学校内の力関係の問題。
「誰も責任を取りたくない病」の問題。
そういう問題には敏感だ。なぜならかなりでかい病原菌を、
自分自身が持っているからだ。
午後は世田谷。
高級住宅街にびびる。
すごく柔和なご夫婦でした。

某からコンテに戻り、久々Sさんと王子で飲む。
コンプラの打ち上げ。
今の仕事している場所や雰囲気を考えると、
なんて楽しい仕事だったんだろうと思う。
また新しいことができたらいい。少し元気出る。
タクシー帰り。

24日(日)。
二日酔+いよいよ近々最後の休みかも、と思い休む。
午後写真館に衣装合わせに行く。
貴重な姿が拝めた。ちょっと感動した。
夜は久々ご飯を作る。
とろろと、マグロ漬けと、味噌汁と、煮物。

25日(月)。
どよーん、と溜池山王へ。
なんでこんなかわからん。
台本、とにかく。
終電。家に帰ると急にすっきりして、
なかなか眠れない。

26日(火)。
やっぱりどよーん、と溜池へ。
だんだん何故かわかってきた。
雨のため、ロケをばらす。明日の打合せのための
初稿をあげる。
終電。
でも家にご飯があった。
納豆、鶏団子スープ。深夜一時の夕食。
おいしい。いっとき幸せ。

27日(水)。
やっぱり体と心が重い。溜池へ。
午後はNHKで打合せ。
某に戻ると、トラブルメールがあり、飯田橋へ。
ちょっと元気出る。
原因がはっきりした気がする。
泊まり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

身構えない。

当たりな本を見つけた。
幾つかの書評などでちらちら見ていたのだけど。

「夜露死苦現代詩」。
詩はそこいらに転がっている、という視点で、
老人病院の入院患者のつぶやきや、池袋で餓死した親子の日記、
見世物小屋の口上、などがとりあげられている。

手法は別に新しくない。
寺山が便所の落書を「詩」としたり、あるいはその前から、
そうした試みってあったし。

でもなんか、この本の中の言葉を読んだ後は、最新の、「真面目」なコピーが、
便所の落書に見えてくる。

作者のエミネムなど新しい「詩」に対する思い入れと、
現代史に対する拒絶感はちょっと過剰な気もするけど、
まあ間違ってない。
面白いですこれ。
併せて「珍日本紀行~東日本編~」も買う。
面白いんだけども、文庫にしては厚過ぎて、
あっというまに背表紙がバラバラに。
そんなとこも奇書?

5日(火)。
仕事を片付け、夜、森のビアガーデンに。いく夏を惜しもう企画。
正直味より勢いだ。食い放題だし。
その後飯田橋の飲み屋。夜中に帰る。

6日(水)。
二日酔いでかなりダメな人に。
最近は内臓が動き出すのにかなり時間がかかる。
夜味噌煮込みうどんを作り、何とか復活。

7日(木)。
泊まり仕事なのに、携帯を忘れる。
朝、某にて打合せ。
もう一人のDに別な企画が振られており、
ちょっと困惑。
なんでそういうことするかなあ。

昼に事務所に戻り、
コンプラ残り2本を何とかせねばと、
編集。
しつつシンポジウムの出演者と打合せの
段取り。
徹夜。
銭湯と飯以外は編集。
事務所で佐藤のご飯と納豆。

8日(金)。
昼、神田に出かけて、
携帯を受け取りがてら、相方と飯を食う。
ちょっとラッキー。
夜、なんとか2本上がる。
そのままエンコード作業に突入。
事務所2泊目。
隙を見て灰谷「太陽の子」を再読。
なんだかふと、あの背景が川崎だったような気が
したのだけど、神戸だった。

引き続き佐藤のご飯と納豆。

9日(土)。
昼頃エンコード終了。
午後は久々池袋に行き、
本屋で資料を探す。
夜は相方と刀削麺。

10日(日)。
昼、相方と一緒に寿司を食って、
事務所に。編集修正。
夜7時より別の企画の打合せ。
水天宮のホテルの中華料理屋で
なんだか高級な中華を食う。
できれば仕事でなく食いたいもんだ。
終電。

11日(月)。
今週は打合せ週間になるはず。
がその前に試写。
5時に青山一丁目、中○法規。
なんだか根本のところがわかってもらえているか
分からなくなる。
事務所への帰り際にむつみ屋のつけ麺。
修正して、終電。

12日(火)。
朝会場下見。昼より横浜の小学校取材。
夜は渋谷でこの間のイベントの反省会。
みな良い人なのだけど、打ち解け方が
わからず。
時間がかかるって言ってていいんだろーか?
…と落ち込む。
ずっと編集期間で閉じていたうえに、
ばーっと取材やらで今週は人に会いまくっているので、
バランスがうまく取れない、でそれが悔しかったり。
夜電車でサラリーマンの喧嘩を見て、更に嫌な気分になる。

13日(水)。
流山市。出演者打合せ。
流山電鉄、初めて乗ったが、風情がある。
新撰組の話も初めて聞く。
帰りは対照的につくばエキスプレス。
夜、AND「東京OZ」。見るたび面白いなあ。
これに比べたら、この間の「プレイヤー」ってやっぱ芝居じゃ
ない気がする。
過激な描写や、暴力的なシーンもあるのだけど、
全体に、いい意味での「品の良さ」を感じる。
でそれが、過激さや暴力さを相殺していない感じ。

独特の台詞まわしも、ちょっと熟して見えて、いい感じ。
つぼが押さえられているような。
こうなると、以前東京でやった芝居が
なんでつまんないと思ったのか、もう一回見てみたいよ。

なんかカラオケに道案内してしまい、朝まで。
始発で、雨が降りつづけることを祈りつつ、帰る。

14日(木)。
案の定宿酔で死ぬ。
朝雨でホッとする。ロケが一つ中止になるから。
…といいつつ資料集めや構成打ち等。
夜、鍋を食ってやや復活。
やっぱ宿酔には出汁の効いた熱い汁物に限る。

15日(金)。
最終の編集修正。
バタバタしてるときに、
いきなり、「ICSサービスが開始できません。」
とか言われパソコンの
ネットワークとネットが切断され、びびる。
調べたまま、regeditでサブキーを削除したら直ったけど、
原因がわかんねーよ、原因がさあ。

午後は恵比寿。取材打ち合わせ。

ブログためると、箇条で、小学校の日記だなあ。
今週自分には2つ、課題が出た。
これを、週末に考える。
でも今朝のテレビの星占いでは、最悪の
週末だそうで。。
行きたい方向と逆の結論を導き出しそうで、嫌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうやって毎日をケッとばしてますか?

みなさんはどうやって毎日をけっとばしてますか?

たまにどうやったらいいのかわからなくなる。

30日の夜は神楽坂の風呂屋へ。いい風情だあ。幸せ。

31日(木)。
午後より試写。試写自体はスムーズ。
ただ細かい直しがあるとそれはレンダリングと映像変換を意味するので
時間はかかるのだなあ。
しかし試写中にNH○がらみで電話があり、がっくり。
試写あがりで早々に事務所に戻り、明日環境省に行く書類作り。

昼-鶏料理屋の定食
夜-駅の中華料理屋の酢豚定食

1日(金)。
朝小学校にてロケ。
今の小学生はみな防空頭巾をもっているのか?
なんとなく時代錯誤なんだけど、マッチしているようで、笑う。
昨日も地震があったしなあ。
昼過ぎより環境省。
その後自主的に解放。
夜9時ごろ、浦和サムシングへ。
サラダ、シシリー風タコのフライ、洋風ネギトロ、
豚肉のれもん焼、マルゲリータ、など。やっぱ美味い。

昼-高はしの高菜そば。豚の油がきつい。昔ならうまいうまいと食っただろう。

2日(土)。
ゆっくり起き、昼過ぎに新宿に芝居を見に行く。
イキウメ「プレイヤー」。
人気劇団のようで、上手。お話も、上手。…なんだけど、
その話自体に引き込まれないなあ。
田口ランディの「コンセント」が頭をよぎったのだけど、
あれの映画版はやっぱり…だったし。
小説で読んだ方が、という感じ?

その後相方と事務所に行き、手紙を作る。
まったく田舎の所作がわからなくなっちゃってるので、
まあなるようになれだ。

その後、神楽坂「竹子」へ。なんて素晴らしい飲み屋なんだ。
更に浦和でカラオケをし、ダーツを1時間。
むりやりでも遊んでやれ、という気概?

昼-フレッシュネスの照り焼きチキン。
夜-竹子でつまみたくさん。

3日(日)。
昼に起きて、出かける。段取りをつけようと思うのだけど、
うまく頭がまわらず。
明日からのハードな日々に備えようとか思う。
「あづまひでおうつうつ日記」購入。
エックスメン1をテレビで見る。前も見たけどなあ。
業田良家「自虐の詩」を読み返しやや泣きながら寝る。

昼-3匹のこぶたの醤油つけめん。×。美味く見せようとしてるだけで、
正直不味い。
夜-相方の作ってくれた家ごはん。サラダ、ジャガイモの梅炒め、ナス。
鶏団子スープ。うまうま。

4日(月)。
朝から某。打合せ。どうにも捩れていてダメだ。
なぜ人を介して話が繋がっていくとこんなになるのか。
その人と人の間に基本的に不信感が眠っているからだ。
自己主張ばかりで、てんで人の話を聞いていない人が多い。
環境省に行ったときなど、暫く一緒にいると、頭がくらくらしてきた。

午後よりコンプラ残りの編集へ。こりゃ結構てこずりそう。
終電。
ワンピース最新刊を寝がけに読んでいたら、
どうしてもビールを飲みたくなり350缶を一気飲みして寝る。

昼-久々赤坂の「一休」。
間食-佐藤さんの差し入れなめらかプリン。
夜-アキバ「コバラヘッタ」のカレー。あたり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »