« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

…みつを?

酔っ払ったりしたときに、ぐちゃぐちゃと手帳になんか書いてることがある。
大抵次の日に読むとバカみたいなのだが。

「空想に逃げ込まない 現実に逃げ込まない」
…ただ対比させただけじゃん。

「虚無から生まれる勇気」
…なんかかっこいいこと書きたかったのね。

「歩きながらでしか生まれない思想」
…なんかかっこいいと思ったんだね、酔っ払った自分。

「そうして熊の仮面をそっと脱ぎ、次はパンダの仮面をかぶる」
………。

「逮捕される→森がスクープ→失敗する」
…???書いた記憶がない。しかも意味が全くわからん。

きっとまた発掘されるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンシェイク

という缶ジュースがありまして、飯田橋の南北線のホームの自販機に。
行きかけて思わず引き返して買った火曜日。
バカみたいに甘い。で看板に偽りなく、プリンをぐしゃぐしゃにしたような食感。
コンテS氏も何回か飲んでいるそうで、振る回数で食感が変わるとのこと。
こういうものを楽しめるかどうかはすごく微妙なのだけど、
こいつはこのバカみたいな甘さに「けっ、しゃらくせー。」
と思ってしまったのだった。

火曜日は事務所から出るつもりがなく、サンドイッチと
コンビニスパゲッティを買っていった。
しかし、コンビニのサンドイッチとスパゲッティはなんで
あんなに美味しくないんだ?
スパゲッティは何を食いたいかわからず選んだときは
まあ食えるけど、「スパゲッティが食いたい!」
という気分のときに食うと不満倍増。
主観が大きいのかなー、とか、
そんな贅沢言っちゃいかん、とかも思うが、
ああいう大量流通のおかげで
街の手作りの美味いサンドイッチ屋とか、
小売店が駆逐され、絶滅寸前なのも確か。
「あえて言おう、カスであると!」とか言いたくなる。
なるべくコンビニのものを食わない生活に憧れるなあ。

んでそれらを食べ、夜打合せでビール一杯と焼酎一杯とつまみ少し。
王子一休にて終電前一杯のみをし、終電で帰る。

29日(水)。
なんか早起きして事務所へ。
朝、プロントでパンとマンゴージュースを
買う。パンって意外と高いなあ。
エンコード、予想以上に時間がかかる。
約50分の映像を4本、AVIからWMVに変換して
いくのだけど、外付けハードディスクでエンコードしたら、
なんと1本に6時間かかる!
コンテの最強パソコンだと速いのだけど、
速いと言っても1本3時間半くらい。
外に頼むと結構高いのも少し納得。
夕方からキャンドルナイト関係の打合せ。
人と話す、ということについてまた考えてしまう。
まあ、今の自分が薄っぺらいってことなのだろう。
納得納得。してる場合かっつーの。

12時過ぎ事務所に戻り、エンコード作業続行。先ほど無事終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンテ明けなのに

ココログがおせー。

26日(日)。
休みとします。
午前中役所に行く。桜が咲きかけだ。役所の人の前で
むくむく態度が変わる自分に気付き、
なんだかいろいろに自分を取り替えてるようで嫌になる。
公園でお祭りをやっていて癒される。

「何とかレンジャー」のショーがあって、
ブルースバンドが歌い、紙芝居をやっていた。
子どもが熱心にさほど面白くない紙芝居に見入っていて、
結構よかった。紙に描いたぺろぺろキャンディーを「あげる!」
というと、みんな手を伸ばすのだった。

午後はDVD。
「親切なクムジャさん」。オールドボーイが面白かったので
期待しすぎで、結構期待はずれ。
前情報無しのほうが楽しめたかも。
何故殺したのかわからないものに私怨を果たしても、
その空虚さは拡がる一方で、そこからが長い。
私怨を果たした後の人生を感じさせる長さだ。で、つらい。

「CUBE」遅ればせながら見る。
なんだかわからない加減が面白いのだけど。
最後にジェイソンになって、人間ドラマ風になって、
「外には人の醜さがいっぱいだー」ってのは、うーん。
もっと徹底的にわけわかんなくていいのではないか。
などと思う。まあそうでなければエンターテイメントに
ならないのだけど。

夕食。
わかめと鯛の酒蒸し。かぶのゆず酢。酸辛湯。
しめじとアスパラのバター炒め。

そういえば何日か前の深夜「ローズマリーの赤ちゃん」を見た。
古典とはこのことだ。と思った。

27日(月)。
終日長い編集。朝から終電まで。
食べ物は朝食べたサンドイッチ、夜は「がんこ屋」の焼肉定食。

28日(火)。
編集続行中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

便りがないのは

よい便り、というけれど、仕事上では便りがないということは
なにもいい進展がないということで、あんまり良いことはない。

好きな詩の一節に、こんなのがある。
「もうじき新しい人が来て
僕はまた交わってしまう」

コミュニケーションを否定する言葉は、今の日本には少ない。
「人とのコミュニケーションをとること」は
人間にとって大事なこと、とされ、
「仲間」を歌う歌は大概街に溢れ、
「上手く多くの人とつきあえること」は
なんだか必要なこととされている。

…ほんとにそうか?
いつもそう思ってしまう。

そして、飽かず言葉を使って人と繋がろうと
している人を見ると、驚嘆しながら疲れてしまったりする。
そうするのが自明だ、と信じきっているように見えて
しまったりするのだ。
それはそれですごい人なのは間違いないのだけど。

「人は一人では生きていけない」、そのことに疑いはない。
でも、共闘できる人を探すのは大変だ。
簡単に人と人をつないでいく言葉の中に、
そのかけらはなかなか見つからない。
人と話したい、という「乾き」みたいなものがないとき、
自分は結構黙ってしまう。

ああ、また新しい人と関わってしまうのか、という
疲れを抱えながら、それでも人と向き合おうとする姿勢は、
決してその人が人と付き合うことが嫌だ、とか、苦手だ、ということと
同義ではない。
そうした恐れや、疲れや、そういうものがなく人と
付き合っていけることは、よく考えると不気味だ。
そういうものを抱えて、人と話している、
もしくは話そうとする姿勢は、
むしろポジティブだと思うのだが。

んでもただの、極端な面倒くさがり屋、と言う意見もある。
青臭い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒いシェパード/鈴木慶一

夜の河 歩いてく 闇の谷 登ってく
墓場まで 背負ってく 秘密 この石の上に

置いていく 勇気など 持つならば ここにいやしない
突き刺さる悲しさも 捨てていきたい この夜

黒いシェパード 君の吐く息は
一行の詩で 僕の雲 風

道連れよ 答えろよ
悲しみや 重い荷を 外しては
人の子は 生きていけるだろうか

(悲しみよ よう聞けよ
一行の詩 残せたら
山が燃え 沈んでも
生きたことに なるだろう)

川の始めの 一滴を目指して
一行を吐く 君に吐く 歌

恋人よ 道連れよ 雲と風だけ 身につけ
詩と歌を 登りつめ 河の始まりを見るよ

恋人よ 道連れよ 雲と風をも 脱ぎ捨て
自分らの尾の生えた 川の始まりに流る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大地が磨いたきれいな水

地下鉄の出口に100円の自販機があり、あんま他で見ない
ペットボトルが売っている。
ついつい買ってしまう。昨日は
「大地が磨いたきれいな水」。

23日(木)。
夕方の試写にあわせて動くも、
直前でバラシ。うーん。
首がガキガキ言う。
夕飯は上野でとんかつ定食。
すごく久しぶりにとんかつを食いました。

24日(金)
午前中は会計事務所。
昼は銀座末廣のラーメン。
ボリュームにびびる。
午後はテレ朝に。仕事の話。
少し目から鱗が落ちる。
「きちんと勝負ができる場で、
仕事を続けないとダメになる」
「そのためにダメなものはダメというべき」
…そのとおりだ!

夜9時よりS口氏と飲む。
べろんべろんになりました。
始発で帰る。

25日(土)。
昼頃起きて、さいたま屋の
味玉ラーメン。
二日酔いにしみじみうまい。
その後事務所へ。
サッカー見つつ編集。
「れもん亭」の広島風お好み焼き。
うまい。行列納得。

終電だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読みかけの

文庫本を、打ちあわせ先に置いてきて、
その後まだ時間があったりして、
悔しいながら本屋で買ってしまう。
そんなことないですか。

17日はその後、完パケの吐き出しで
トラブって、2、3回落としているうちに
やっぱ11時とかになった(泣)。

18日(金)。
家の留守電になぜか、なんの脈絡もなく
両親の喧嘩が録音されていて、へこむ。
電話してもわからんというし、?だけど、
まあ相変わらず喧嘩してんだなあ。
がっくりくるやら、安心するやら。
匠のつけ麺を食い、2時新宿発で松本へ。
茅野駅を通過するとき、思わずビールを飲んでしまう。
水戸ちゃんの「地図」にはまったもので。
レッズも勝ったもので。
松本は雨。エスパ6階でもう一杯ビールを飲む。
相方のかあちゃん宅へ。
みなみはDSに夢中だ。そんで
えりかの弾丸トークにより、なんかまじめな話は
どっかいってしまった。
ビールばっか飲む。
かきとカリフラワーのてんぷら。パエリア。
ジャガイモのグラタン。サラダ。ごちそうさまです。
猫のポンが可愛い。しかし女だけの家だなここは。

19日(日)。
中のぎっちり詰まった天然酵母パンはうまいなあ。
朝から松本で反戦デモに流れで参加。
でも10人いない。
うーむ。マイクアピールとかするものの、シュプレヒコールは苦手。
最近勉強してなかったので、いろいろ忘れてることが
多いと反省。
たまたまナワテでかっぺーさんに会う。
WBCは日本が勝っているそうな。
「読書ボランティアに反対」と聞き、ふむふむと思う。
午後はナナオの詩の朗読会。ナジャにて。
詩人はいつまでも逆説的なレトリックを
忘れない。ものすごくわかりやすい感想を
言いながら聞いている女性の声を分水嶺に、
そんなことを思う。
シタール弾きの彼は、同じ姓でびっくり。京都出身だそうだし、
めずらしい。
そういえばそこにカワダリュウヘイさんも来ていたが、
そうか、松本大学の講師さんなのか。
WPPDの話で盛り上がっている方達もいて、
ニアミスな気分。
まあでも、自分はいつも基本的にひとりでふらふらしているのだし、
ちょっとひねくれたスタンスも崩せないし、それはそれで良い、と思う。
そのまま相方のとうちゃん宅へ。
鍋をごちそうになり、ワインを飲む。
ラッキョウが美味い。ビンに小分けしてもらう。
空気かきれいで、懐が広く、落ち着く気がする。

20日(月)。
長良が高校合格したそうで、よかったよかった。
といいつつ、11時ごろ茅野へ。
自分の親に会うのが一番緊張するのもおかしな話だ。
そばを食う。
保育園を見る。姉の家族と一瞬会う。
市民会館が本当に立派で驚く。
田舎だと結構酒を飲んでも二日酔いしない。
緊張なのか、空気が違うのかよくわからん。
特急で東京に戻る。
夕食は山芋の千切り酢醤油、菜の花のおひたし、
麻婆豆腐、ワインビネガーキャベツ、インゲンとしめじの味噌汁。
久々に飯を作った。
アメリを見て寝る。

21日(火)。
朝、ホットケーキ。
WBCを見る。ふむ。
勝ったのは良かったが、やっぱ
野球の面白さがいまいちわからん。
レッズ戦を見る。勝ちました。
見たらすぐ水戸ちゃんライブで渋谷へ。
いやー、予想を裏切る選曲。
ほぼアンジー。

1.アストロボーイ・アストロガール
2.幽霊
3.(涙)2
4.バラノシュラバ
5.夜と男と運命の魔の手
6.心臓の囚人
7.黒いスーツケース
8.風になっちゃった
9.わいわいわい
10.D.K.H
11.地図
ニューロティカ「ア・イ・キ・タ!」
12.天井裏より愛をこめて
13.全ての若き糞溜め野郎ども
13.祈り
14.ミミズ
15.素晴らしい僕ら

(アンコール1)
16.雨のパレード
17.センチメンタルストリート
18.遠くまで

(アンコール2)
19.でくのぼう

(アンコール3)
20.銀の腕時計

知っている人ならびっくりする選曲。
恥ずかしながら、やっぱ水戸ちゃんいいっすよ。
ばかみたいに騒いでしまい、声枯れ、首がたがた。
帰り発作的にホットドッグが食いたくなり、
食パンとソーセージ、キャベツとジャガイモでもどき作る。

22日(水)。
NHKの放送用構成を作る。
朝まだホットドッグ熱が残っていて、ホットドッグ。
夕方ココイチのカレー。意外なことに初めて食った。
夜、「コープスブライド」見る。かわいいストーリーと
パペット撮影の努力にやられる。
もう執念といってもいいほどの緻密さとギミック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むーん。

忙しいのに金がないん。
今してる仕事の支払いがまだなので。

15日(水)。
ぼろぼろで昼ごろ帰る。まだ酔っ払っている。
「さいたま屋」でつけ麺。「ウーイ。」とか言いながら食う。
ぼろぞうきんのように寝る。夕方起きる。
G現代KさんとK谷と方南町。ビール一杯でたちまち
酔いがぶりかえしブーたれになる。
頭が働かず。

16日(木)。
まだ胃腸がおかしい。1時テレ朝。面接。
思惑がわからず困る。
事務所帰りにサンドイッチをひとつ。
事務所で安全マップ完パケ作業。
8時に水天宮前。教育コンテンツの打合せ。
コンビニ弁当をご馳走になる。食えてホッとする。
財布になるかしらん。

17日(金)。
1時からNHK試写。
その前に秋葉原。写真素材を買う。
まぐろ丼を食う。ようやく胃腸が復活した感じ。
試写は順調。帰り道にちょっと某に寄る。
事務所に戻ってこれを打つ。
明日より松本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本酒を飲んでいる

また酔っ払ってしまったのだった。

13日(月)。
朝、サンドイッチ。赤羽のパン屋。はずれ。
いつも思うのだけど、なんで普通に美味いサンドイッチはないのだろうか。
ナレ録り。
5年ぶりくらいか、使えないADのようなミスをしてしまひ、
ナレーターに引き返してもらう羽目に。すまなひ。
編集打合せ。夜試写用パケ上げ。
深夜帰って、また相方の作った飯を食う。
和風根菜カレー。サラダ。昨日の青梗菜とレンコン肉団子のスープ。
うーん。うまひ。このレシピは作れん。

14日(火)
打合せ。編集直し、ナレ録りなおし。
夜地球号の打ち上げで飲む。
2時間のつもりがやっぱ朝までになったのでした。
うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日曜深夜。

相方の作った飯を食う。
いわしの蒲焼。うどときゅうりのマヨネーズ味噌あえ。うどの皮のきんぴら。
トマトとレタスのシーザーサラダ。青梗菜と鶏レンコン団子のスープ。
めちゃうま。生き返りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日

なんだけどなー。

やっぱ仕事してるんだよなー。

ロケ。と、編集。

朝サンドイッチ。ミルクティー。

夕方青山「武蔵」のつけ麺。65点。

11日(土)。

レッズ戦を見て、仕事へ。

麺珍亭本舗「油そば」。

ラーメンとは別物っぽいが、美味い。

また突発的に食べたくなるでせう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンテナンス中

ココログが結構メンテ中で書けなかった。

6日(月)
清算清算。
夜麻布十番「あべちゃん」にて仕事の打合せ。

7日(火)
午後川口の小学校に取材。
夜打合せ。

8日(水)
午前中会計の話で銀座へ。
ランチにスペイン料理を食う。
午後麹町へ。仕事の打合せ。
そのまま帰り相方とサムシングへ。
今日も裏切られず。美味かった~。

9日(木)
昼久々に匠のつけ麺。
やっぱうまい、と思うんだけどなー。
昼間編集の直し。
夜SさんとMさんと、Kさんと新宿。
事務所にたどり着いたのが朝6時。
「お前は何がやりたいんだ」と聞かれるのが
一番困るっつーの。

10日(金)
結構へろへろで仕事。
昼「黒兵衛」の味噌ラーメン。
うーん。ボリュームがすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の重力/水戸華之助

豪華絢爛な 見晴らしの上じゃ
何が見えるんだい 絵葉書の街かい

噂話に明け暮れて 下種な笑いと
黒い嫉妬を覚えた

夜が来るたびに カジノが開く
チップの代わりに 明日を賭ける

今を生きてると嘯くけど
だらしのなさの裏返しとも 思える

破れた虫かご一つ 盗んで迷いの森へ
不幸な眼をした子ども

何度も 同じ夢に 怯えて 目覚める癖は
15のときからのこと

ついてなかったと 同じ言い訳を
繰り返すために 生きている男

思い続けた あの女
落ちぶれ者に 用事は無いと 拒んだ

破れた虫かご一つ 盗んで迷いの森へ
不幸な眼をした子ども

何度も 同じ夢に 怯えて 目覚める癖は
15のときからのこと

誰かに見つけて欲しい 誰かに見つけて欲しい
どんなに あざ笑われても

誰かに見つけて欲しい 誰かに見つけて欲しい
どんなに あざ笑われても

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンポジウム終了。

3月3日(金)。
シンポ前日。ティーヌンで飯を食い、
第三玉の湯に行き、飯田橋で寝る。
淡々とはできないものだ。
今日にちを書き込んで思ったのだが、ひな祭り?

3月4日(土)。
シンポ無事終了。まあまあ。
新宿で飲む。日本酒テイスティング大会。
いづみ橋、うめー。
たくさんは飲めないが、新しいの発見な感じ。

起きたら朝7時。真っ暗なマンガ喫茶で、
行き倒れていた。

3月5日(日)。
休み。久しぶり。
サッカーを見る。アンフェアを見る。
「もやしもん」と、「ヒストリエ」をあるだけ衝動買いする。
昼は三重うどん、肉団子スープ。
三重うどん(伊勢うどん!)は初めて食った。もろもろで歯応えのない麺。甘辛いたれ。
最初の感想は、頂けません。うーん、わからん。主食なのかおやつなのか。
まずくはないんだけどねー。
肉団子スープは相方の自信作。宿酔いの胃にはなにより。

夕飯は、なめこと揚げの赤だし。ブロッコリーと青梗菜のゆでたやつ。
鮭とセロリとたまねぎのワイン蒸し。とろろ。トマト。
久しぶりに家で飯を食った。やっぱうまい。
で、家のグリルは火力が弱い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分律

余り帰れないものの、
予想より色々なことがスムーズに進んでいる、いまのところ。
このまま上手く本番を乗り切れますように。

ここまでくると、あとは運だ。

27日(月)
本編集。バタバタしたが上がる。
事務仕事などで泊まり。

28日(火)
仮台本を送ったり、チェックを入れたり。
泊まり。第三玉の湯に行く。

29日(水)
MA。バタバタしたが上がる。
台本に段取りを入れたり、ぐるぐる考えたり。
終電近くで帰る。

30日(木)
色々にメール出したり、確認したり。
夕方コーディネーターと打ち合わせ。
その後台本、マニュアルコピー。
なんと今日も帰れそう。すげー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »