« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

幸いにして、雨

雨の日は大嫌い。けれどもこんな日曜日、もしほわほわと天気が良かったら、
また遊びに行けない自分を恨めしく思うかもしれない。ので。
幸いにして、雨。

25日(土)。
朝まで原稿打つつもりが、VTRの修正とかに追われて
あまり進まず。朝、始発で帰る。余りに肩バリバリで
頭痛い。

枕元でローソンのこだわりおにぎり、と温かい茶を飲んで、寝る。
7時に寝て、10時に起きようとしたら11時。
でも頭はすっきり。肩こり治まる。
昨日の昼、王子「みのめんた(麺多)」を食べてしまったので
匠を素通りし、500円の「コロッケ、しょうが焼きランチ」を食う。
事務所にて台本、グラフ修正。落ち着いて書けたのでまあよし。
でもフォーマットに苦戦。
ワードで縦書きはやっぱ無理がある。昔に比べりゃ段違いだが。
9時くらいだと思っていたら11時半。
終電手前で帰る。

ジョナサンでほうれん草とかきのドリア。
ちょっとスパイシー。
ホワイトグラタンにそのままライスが入っているような
クリーミーなドリアが好きなんだけど。
ジョナサン利用率が増えている。

ゼロックスSCは浦和。
3月サッカー見にいきたいな、と思う。
チケット取れるかしら。

帰ってほどなく、相方もタクシーで帰る。
起きて動いている姿を見るのはお互い久しぶり。

26日(日)。
台本を書く。
「ナチュラルローソン」にて、こだわりおにぎり、ハンバーガー、
牛乳。レンジで温められて、便利。

帰って続きを書こうかな、と思う。

明日から本番まで多分あまり家に帰れまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あー眠い。

まいったまいった。

23日(木)。
すし食って事務所に帰ってワインを
飲みながら仕事してたら
結局ワイン飲むだけになった。
終電。肩があまりにバリバリ。

24日(金)。
午前運営系事務仕事。
午後NEPにてクライアント試写。
兼運営会議。
VTRのコメント&スーパー揉み。
22時半まで。
で恵比寿で打ち合わせ。夜中の1時まで。
飯田橋に戻って台本書く。エンドレス。
肩がバリバリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

誰?

私の足を電磁波で攻撃するのは!
さっきまで平気だったのに誰なの!
イタタタタター!!!

柱にもたれ周りをにらみつけながら
絶叫するおばさんを横目に
地下鉄に乗る午後3時。

22日(水)。
始発まで西麻布で編集作業して
始発で飯田橋に。
3時間眠れると思ったのに、
気まぐれにテレビをつけたら
荒川静香が滑っていて、
睡眠時間が2時間半になりました。
俺の人生には関係なかったなー、
30分眠りゃよかった、と思いながら昏倒。

朝9時半に学芸大学前。
ロケ。いい話聞けたー。と思い
飯田橋に帰りぶっつなぎ。
5時より試写。K谷からNHKに行く道を聞いて、
自分がいつも行っているよりいい!と
そちらを選択したらやっぱり迷った。
汗だくでNHKアナさんと試写兼打ち合わせ。
焦っていて、「暑いでしょ?脱げば」と言われ、
更に混濁。何をしゃべってるんだか…。

でも大体の流れは好感触。
「台本読んでいけると思いましたよ」
と言われホッとする。

自意識より人が自分を見ている意識の方が
鋭く、正しいと信じよう。

最後のVTRでややもめ。
こうすれば、と言う方向性を伝えられずもどかしい。
ディレクターは独立採算制。自意識のないやつはいない。

何とか方向性が見え、飯田橋に戻る。
終電。

23日(木)。
S松さんの取材。
なんかフランクで、親身で、ホッとする。
VTRの段取りが気になる。
昼、成城学園前で打ち合わせしつつ、
天丼。

4時から会場にて技打ち。
細かいことを詰めなくてはダメよ。
会場フォーマットを自分のものに引きもどす。
そのためには多少恥をかいてもいい。

神楽坂で回転すし。少しずつ進んでいる。と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜。

試写前。VTRを詰めている。要素を絞り込む時間がない。
まあVTRが上がるまではこんな日々だ。
明日試写でそれぞれのDが何かを持って帰ってくれるなら
それがいいんだけど。

フリーになって、居場所と仕事が分離していって思うのは
ますます個人の責任が増し、キツクなっていくような気がすることだ。

「場」を求める考え方は間違っていない、と思う。
「場」さえあれば、大抵のことはできる。

まあそこに今度は「仕事」が入ってくるかと言う問題が
あるのだけど。

明日は10時半に学芸大学。30分一本勝負ロケ。
そのあと試写勝負だ。

いやー、でっちあげ感は否めないよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正規で買うのが

バカみたいに格安の国内航空券があるらしい。

物の値段の仕組みがよくわからなくなってくる。

昨日日曜日は早く帰れたので、ほっぺ腫れた相方と
牛角で焼肉。
焼肉ってしかし、本当にジャンキーな食い物だなあ。
相方もなんとか食えているようで、よかったよかった。

なにがうれしいって食べ終えた時間が7時半ということ。
早ー。

でうれしくて酒飲んじゃった。なんにもなんないじゃん。

20日(月)。V社内試写。
うーん。色々難しい。一個くらいばしっとハマルVTRがあるといいのだが。
徐々に良くなると信じる。
そのVTRによって「なにを語らせたいか」は自分に突きつけられた課題。
それが伝えきれていないのかを考えつつ、
明日もう一度整理してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パトカーが走っていく

飯田橋の交差点はよくパトカーと救急車と消防車が走っていく。
大きな道路が多く交差しているからだと思うが、
暗い天気の日、風のゴーゴー言う音とあわせて、
事務所の窓際で聞いていると、

心がざわざわする。

19日(日)。
「安全マップ」をまとめてしまいたく、作業。
とりあえず最初の目的までもう少し。
レンダリングがかかりそう。
今朝は松屋で唯一「食べてもいい」気分になる
ハムエッグ定食(朝限定)。
吉野家の納豆定食といつも迷うけど、
目玉焼きが魅力的。
朝の定食に納豆と生卵があると
最近困る。
昔はご飯2杯食べれば解決だったのだけど、
最近そういうわけにも行かず、
でも、できればそれぞれ白いご飯にかけて食いたい。

18日(土)
ひどい二日酔いにはならず、昼頃
「さいたまや」のラーメン食って事務所へ。
人によってつけ汁の熱さにムラがあるのが
難点。今日ははずれ。
水がぬるくて、少なかったのも残念。
店員さんヒマそうだし、取り替えればいいのになあ。
夜はジョナサンにて、和風ハンバーグ、ポタージュスープ、
ごはん。此処しか食うとこねーんだもん。
隣の男性二人(典型的にオタ風)が、
ずーっとFM電波の話で盛り上がってた。
なにかいろんな工夫をすることで
新潟とか、遠くのFM放送を受信できるとか。
片方の人が「そりゃーすごい」と感動してるのだけど、
不思議。

17日(金)。
NHKへ。その後VTRの試写。
VTRは、すぐここをこれ、と言って直せないのが難しい。
特に自分の編集したものでないとなおさら。
そして、人によってまとめ方が千差万別。
混乱しないようにしないと、来週大変なことになる。
台本も同じだけれども。
11時過ぎ。飲みに行ったらまた一杯のつもりが
はじけてしまふ。朝帰りになったのでした。

相方ほっぺ腫れてるのにすまん。
しかし人の顔って、微妙なバランスで成り立ってるのだなあ。
ほんのちょっと変わっただけで、印象って結構変わる。

16日(木)
アファリエイトに手を出してみる。
だーって金ないし。
万万が一、お奨めの古いCDとか、見かけて買ってくれる人
いるかも知れないじゃん。
朝乃木坂→飯田橋→麹町→飯田橋

15日(水)
飯田橋→乃木坂→小平→神谷町→飯田橋。

移動だらけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行方知れずの友よ

まるでサーカス小屋の 汚れテントと見える
低い雲に迫られ 街がほんのわずかに怯える
赤くさびた船 港に眠る
誰一人として振り返らない
せつない鳥が鳴いている

恋しくても 恋しくても 届かない
鳥の声が聞こえるだけ

行方知れずの友よ 俺は相変わらずだ
北風に問われてる 今日と言う日に何をしたかと
日向雨が降る草野原より
美しくもある孤独を抱いて
静かに静かに過ぎてゆく

恋しくても 恋しくても
情熱の残りかすがまだくすぶる

行方知れずの友よ 俺は挿絵のような
入れない街にいる いまだ届かぬ影を追いかけ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

観察する。

自分の人生に価値を置けない。

置きたいのだけど、で一時期そのために

常軌を逸して仕事ばっかするのだけど、

そのことに信用がおけない。

流されることに憧憬があり、

流されても仕方がないと思うことがある。

逆説のようだが、流されていることに価値が置ける。

吾妻ひでお「失踪日記」を読んだ。

おこがましいかも知れないが

(この前置き自体がかなり病理だが)

この漫画にしろ、それから中島らもにしろ、

読んでいると、どこかに「自分がすぐそうなる気分」を嗅ぐ。

作品の中にはあまり現れない

(からこそ世間認知があるのかも)

どうしようもない病理の巣を

自分に嗅ぐ。

まあそんなこと言ってる人間は

そうは成れないのかも知れないが。

つーか、成りたくねー。

“ネコかと思ってよくみりゃパン!”

“しかも一斤、一斤”

“女かと思ってよくみりゃタニシ”

ケテルビー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネタかぶる?

「萩の月」で有名な老舗「菓匠三全」の

「絹づつみ」。

Sさんから、ヤマト運輸「はるいち便」

にて事務所で頂きましたが

うめー!こりゃびっくり。

★朝から外でロケ。のおつきあい。

ねみー。んで、さみー。風が冷たくて、臀部の肉が震えました。

新宿で、なんか温かいもの食わんと死ぬ、と思い、

ラーメン屋「えるびす」へ。美味かったという印象があって

行ったんだけど、で確かに味は悪くなかったんだけど、

一目ラーメンを見た感想が「おもちゃみたい。」

★「紙は重い。」

書類が増えていき、鞄にどんどん突っ込むようになると、

ほんと、紙より重いものはない。

すべてフラッシュに入れてしまいたい。でも、

人に見せなきゃいけなかったりするし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泊まってみている。

どうも「怠け癖」がついてしまったのが一番の要因のようだ。
それを前は「そんなことでどーする!」と思ったのだが、
なんだかその自分がおかしいような気がして、今は
「いーじゃん怠けたって。」の気配が強い。でもそんなんで
片付く仕事は無い、この業界。
微に入り細に入り面倒くさい。
のでそれに合わせる心を作らねばならんのよ、ってそれは
マゾ心なのだけど。
この事務所の人もみーんな大変そうだもんなあ。

「品格」ってことばは、流行りなので使ってみたが
どうも薄気味悪い。はっきりいって
「品格」という言葉に下劣な印象。
なのでもう使わない、なるべく、と思ふ今日この頃。

今日の昼、すっげー久々にNHKの社食で飯を食った。
鶏の竜田揚げ定食。480円。
味はそこそこ。でも鶏の竜田揚げはせんべいみたいだったけど。
箸だけがなんか場違いに立派。こんなだっけ?
つってもここで飯食うのは大概編集で缶詰になってるときで、
味なんか覚えてやしないんだが。

イラクで拉致された、今井さんのブログが、
帰国後今井さんのもとに届いた匿名の手紙を
公開したことで、炎上している。

多くはネット特有、ってか2ch特有の誹謗中傷なので、
あまり内容には興味ない。
けんど、感想が3つ。

①ヒマ人が多いんだなー。
ヒマだと人って人を中傷したがるんだなー。
閉塞して、安易で、楽しいんだろう。

②Doblogの体たらくに比べて、
livedoorBlogすげー!頑張ってる。

③他人の言葉だが、今の日本って、
「自助」と「公助」しかなくて、
「共助」がない。そんな気分が
つくづく身に染みる。


頑張れー、と思う、今井さんにはもちろんだし、
自分にももちろんだけど、共に生きようとしている、
誰にともなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泊まってみた。

徹夜で編集してみた。
まあ目処がたったというところ。
具体的にはあまり進んでいないが。

今週すっかりラーメンモードから
遠ざかっている。
そばモードだ。
水曜は昼間に鴨せいろ。
夜は夜中に中華料理屋で
チャーハン、餃子、
味噌ラーメン。
あれ?ラーメン食べてるじゃん。
他に店がなかったので。
麺しか食ってないが。

9日(木)。
また昼そば。せいろ大。
蕎麦屋に行くと、その後いつまでも
かつお節の匂いが体に残っている気がする。

今日は帰るけど、
明日も泊まってみることにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変だ

周りのものがいちいち変だと思うとき、
それはすなわち自分自身が変だということだ。

3日(金)。
久々10時前に家に帰ってみると、
相方がいない。金曜は会議が通例なので、
そうか会議だったか、タイミング悪い、と思っていると、
11時半頃帰ってきて、マンガ喫茶にいたという。
うーん、すれ違い。メールも電話も発達すると、
こういうすれ違いがすごく惜しい気分になる。
昔はすれ違いはそれはそれでどーってこと無かったに
決まってるのだが。

4日(土)。
ロケまわり。朝6時起きで東大和市へ。
昼恵比寿へ。そして飯田橋へ。
Sさんと回転寿司。うまし。
昨日のこともあり、愚痴ってしまって
反省する。問題は仕事を片付けられないことと、
自分の生活リズムの問題なのだ。
しかし自分に自信がないとき、自分の話はどつぼるなあ。
もうひとつ思ったことがある。
ここんとこずっと考えていたのだが、
ほりえもんの話で、「共感」という部分で
話が噛みあわないことがある。
若くて会社やってる人、2人ほど。
自分は、多分その人たちと話すとき、
「あなたとホリエモンとは格が違う!」
ということを強く言いたくなるのだ。
(無論格下なのはホリエモンだと言うのだが)
それで間尺にあわない批判めいたことを言ってしまうのだが、
若くて会社やっている人は、
多分、人に言えない経営者ならではの苦労があり、
ホリエモンに共感、とまではいわずとも、少しの光明、を感じていて、
それをその苦労も知らん奴から突っ込まれると、
ひっかかる、のじゃないだろうか。そりゃそーだ。
もうホリエモンの話しない。っていうかそんな場合じゃないし。

それでも、僕の知る会社をやっているその方たちは、
そのスタンス、まなざしにおいて、規模は敵わないかもしれないが、
まさに「品格が違う!」のだが。

多分それを伝えうる「品格」が、これまたどうしようもなく自分に欠けているのだろう。
ああ反省反省。

5日(日)。
家で書き物をしたりしてすごす。
昼は久しぶりに近所のメキシコ料理屋で
ポークのチポートレソースタコス。
前あまり来すぎて、相方がタコスの食感がだめになり、
しばらくご無沙汰していた。

午後は資料本を探しに出る。
本当に久しぶりに家で飯作ったら、失敗した。
ホイル焼きと、味噌汁と、山芋千切りと、相方作りおきの煮物と、
釜揚げしらす…。
味噌汁のジャガイモが固いなんてほんと久しい。
ホイル焼きも勘で火加減を間違えるなんて、ほんと久しぶり。

多分作るの久しぶりで、食材を欲張り過ぎた。また反省。

6日(月)。
きっかりあと4週間。なんとかなるだろか。
編集もしろー、しろー、と自分に言い聞かしつつ、
今日は堀田さんと会う。
「これ!」という短時間の押しに押し切られ、
少々不安になる。
食育の企画書を書き直す。
朝サンドイッチ。カフェオレ。
夜吉野家の豚丼。ごぼうサラダ。トマトジュース。

7日(火)。
なんだか焦って食欲が無い。
企画書上がり、台本改定無理やり上がり。
編集にかかったとたんに色々足りないことに気付く。
一日何も食べてないことに気付き、
夜天下一。肉団子甘酢痛め定食。
明日泊まってみることにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンジー/猛き風にのせて

二つに割けた目印が 風の大地に倒れてる
星の声もない 寒い景色から 君を想っている

君の便りを聞いたよ 悪い季節にあるという
唇は今も赤く情熱を 湛えているだろうか

猛き風にのせて 届けよう歌声を君に
あの日の輝き 覚えているならば
闇の夜こそ光となれ 闇の夜こそ光となれ
はるか空を突き上げる 光の渦となれ

百年ぶりの彗星が 東の空に輝いた
幾つもの川と 山を飛び越えて 君を想っている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死んだ(内臓が)。

いっそがしいのに、なんて週だ。
月~木まで、色々重なって毎晩飲んでしまった。
昨日はついに朝帰りになってしまひ。

仕事の酒でもなんでも、そこに酒があるとセーブすることができなひ。
体がねー、古漬けのたくあんみたいになっちゃうのよ。

明日ロケだし、今日は帰りたい。ってーか、帰る!

体調整えて来週に突入しないと、やばいやばい。

今日は会場の下見。というか収録見学。いろんな謎が解明されますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜中。

五時十五分。

埋まらない時間を埋めようとする。

いろいろあったが、楽しい。

でも、明日、死ぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日は

本当に苦手だ。
単純にいろいろ嫌になる。

30日(月)。
事務所でビールを飲んでしまい。さらにワインも飲んでしまい。
Sさん忙しいのに堀江話をしてしまい。
終電で帰り、吉野家でごはん、生卵、ごぼうサラダ。
いつも終電で帰ると、路上でトマトジュース一気飲みをする。
なんかさっぱりするのだ。

31日(火)
NE○にて全体構成の打ち合わせ。
NHKの周りは関連会社ばかりでいつも迷う。
エンタープライズ、やらエデュケーショナル、やら
情報ネットワーク、やら。
全体すんなりオッケーとはいかなかったが、
まあ大丈夫大丈夫(自分に言い聞かす)。
クライアントのプロデューサーとの打合せには
やっぱトラウマあり。

その後、疲れに疲れている黒田Pと慰問飲み。
実情を色々聞いたが、やっぱ大変だー。

朝王子のベックスにてバタートースト、ホットミルク、
ブルーベリージャム。
夜は酒の席で
銀杏、牛すじ、サラダ、トマトベーコン、ホッケ、すなぎもにんにく炒め、
はんぺん、おしんこ。
人と飲むときはホントつまみとかどーでもよくなるので、
味ほどほどで安きゃ安いだけいいのだが、
さすがに以前のさくら水産@浦和みたいのは嫌だ。

2月1日(水)雨。
「匠」。
つけめん美味いが大盛りはやめようと思ふ。
出演者との打ち合わせで小平へ。
その後、演出を各ディレクターへ。
台本直し。リサーチ。
2月になっちゃったよー。焦る焦る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »