« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

IQ

そういえば日曜日、二日酔いふらふら頭で
テレ朝のIQ、やってみた。
タイプは予想通り、インプット左脳
アウトプット左脳の典型的屁理屈こき人間。
で66問正解でIQは125なんだそうだ。

生きていくのには役に立たんなあ。

知らないうちにいろんな人が死んでいる。
えっ!?とびっくりした人を思い出すだけでも、
昨年の中島らもに続き、林由美香、明智伝鬼、ときて、
三沢知廉が自殺したのも今日知った。

忘れるスピードも加速度的だ。
電車事故、少女監禁殺人、テロ、津波、NHK…。

戦後60年だったことも忘れてしまっていた。
でももう、社会的な価値観が無意識のうちに階層化している今、
確実に戦前。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

仕事が重なった。

なんか忙しくなってきちゃった。
12月、編集モノが2本。
3月にシンポジウムが1本。
経理モノが一つ。

重なるときは本当に運命に翻弄されてる!と思うくらい重なるもので、
昨日先輩から頼まれていた撮影の仕事を、断腸の思いで断った。

ら、今朝電話があって、昨年もやったTVKの特番を
今年もやるけど是非…の話。
でもなんと、シンポジウムの本番と1日違いなのだった…。

お金のこととか、時間のこととか、色々考えれば言えるは言える。
でも楽しそうな仕事で、しかも自分にと来た仕事を断るのは
結構つらい。

でも両方引き受けるととんでもないことになるのは、
今までで分かりすぎるほど分かっている。

むーん。順番順番。
でもどうにかなんねーかなー。
融通が利く現場にしたいのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無断ですが

e0089387_8315677

全ての内容にではありませんが
主旨に賛同。します。しときます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅い。

ココログ遅すぎて書く気にならん。

19日(土)。
できた水車をヘドロまみれの河の中に。回らない。ほとんどゆっくりとしか
回らない。これじゃダメなんだよなあ。

20日(日)。
祭囃子。意外に古くて新しい。世界征服中学生。ジョジョ。背中。言葉の洪水。
やっぱり人に伝わるのは少しのもの。
情報量をがむしゃらにしても、巻き戻せるわけじゃないしなあ。
声がいい女優さんが目に付いた。なんかその人ばっか見て、もっとこの人が
しゃべらないかなあと、思った。
さといもと鳥ひき肉の煮物。サラダ。いかとしその和え物。豆腐。

21日(月)。
ロケ準備。

22日(火)。
ロケ。一日かわら。ヘドロ。

23日(水)。
ロケ。一日川の中。筋肉痛。

24日(木)。
午前レンタルハウジング返却。
麻布。
午後は空中撮影にお付き合い。
一人でパラグライダーで
空中撮影する方がいらっしゃる。
やっぱ間近でみると感動。

25日(金)。
一日ロケの片付け。梱包。
川口の駅前のねぎ醤油つけめん。
続けて「匠」のつけめん。
匠はまた味が変わってうまくなってました。
①汁がどろどろしてなくて、ちょうどいい。
②ちょっとスパイシーになってる。
次またどう変わるか分からないので今が狙い目。

26日(土)。
荷物の発送。
昼また匠に入ってしまう。
だから食いすぎだろー、ラーメンをよー!
Hから久々電話。飲みに行く。
相方も合流し、当然飲みすぎる。

27日(日)。
昨日の飲みすぎがたたり、頭痛。
ポトフを作るのがやっと。

28日(月)。
なんだか信じられない話だが、以前やった仕事で、
お金を払わずとんずらしちゃった会社があるのだ。どうなってんのかなあ。
でも実際きちんと書類を取り交わしていないと、「仕事した」証明って
意外と難しい。
「発注書」。大事。何も信用できない世の中だと実感。
ついでにいろいろ仕事の選択もしなくてはなあと、迫られている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惰性で

書く。

■15日の夜のこと。またラーメンがどうしても食べたくなり、
9時に飯田橋を出たのだが、
飯田橋は「青葉」「大勝軒」「にゃがにゃが亭」全ておしまい。
迷ったが浦和の「匠」に賭けて帰ってみる。と、シャッターが閉まっている。
東口の「大勝軒」はどうだろう?と行ってみると、もう終わっている。
うーむ。とおもいつつ、夜はとんこつで営業しているという「さいたま屋」へ。
もう終わっている。
「3匹の子ぶた」は食べたくないなー。とおもいつつ、「栞堂」の前に。
まあ、軽く1杯だけ飲んで、醤油ラーメンで締めるか、と入ると、
客はサラリーマン風の男性が一人。ホッピーを飲み、
店中もうもうの煙で、ジンギスカンを食っている。
が、メニューにはどこを見ても、そのどちらも無い。
「店の人かなあ。」とおもいつつ焼酎を水割りで1杯。アスパラコーン炒めと突き出しの
生キャベツ。サラリーマン帰る。店員さんも普通に「ありがとやんしたー」と
言っているし、普通の客?会計の声も聞こえ、1480円だといっている。???
あのメニューはなんだろう。で、ホッピーは?んで、安くね?
やっぱりメニューには無い。
とりあえず焼酎1杯と、ラーメンを頼んだのだが、「醤油はできません。」
また???な気分で、仕方なく味噌ラーメンを食って帰る。
結局焼酎2杯とおかず1品とラーメンで、2500円。
栞堂はつまみも美味くて好きな店なのだが、この日は??な気分でした。
タイミング悪くて聞けないことってあるじゃん。

■16日(水)。
水車の材料、設計を考えつつタウンドイトへ。水道橋の駅近くにあり、助かる。
夏至フェスのときにもお世話になったけど、
都会のホームセンターはいいなあ。
会社に帰って設計をする。電動ドリルが必要だ。
しかし都会で大工仕事はなんかいろいろ大変だ。まず場所がない。
夜、今までのいくつかのプロジェクトの打ち上げ。
棒の金払いが悪いのが反動になり企画されたもの。
新宿にてしゃぶしゃぶ90分飲み放題食べ放題!
食いまくり。単純だが幸せになる。
食べ放題は最後後悔することになるのが必定だったけど、
しゃぶしゃぶはいいかも。肉で腹いっぱいってどうよ。
金があんまりないなあという精神状態もいいほうに作用しているような。
帰って調子に乗ってサッカーアンゴラ戦とたまたま録画していた
木更津キャッツアイ日本シリーズを見てしまう。見終わったら、うーん。5時だ。

■17日(木)
水車の材料を全て加工する。あとは組み立てのみ。
さすがに胃がもたれている。というかカロリー取りすぎ。
昼は上野「藪」。せいろのみ。
夜はデニーズ「鯛ご飯」。カロリー調整してんのか?
夜中空腹。

■18日(金)
大工仕事。ブロンプ探し。HDV用のブロンプは在庫も少なく、無い。
しかし無いと困る。勘が働かず、結構八方塞。
しかもInterBee中で、みんな幕張だとレンタル屋が口をそろえる。
電話をかけまくる。
ぎりぎりのところでメーカー経由で何とか見つかった。
いつも思うけど、探した経由を残しておくと、後々役にたつのになあ。
今日はまだカロリー過多な気分と、バタバタしてたので、パン2個、牛乳のみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜分の

ココログは究極に遅いです。なんかダメーな感じ…。
ここでブログしてるの失敗かしらん?詳しくならないし。

■先週木、金はロケの準備、土日はロケ。その間に速攻で実家に戻ったりした。
ロケはうまくいったようで、とりあえず一安心。
埼玉のある河のヘドロを町のみなさんで掬ったのだけど、ヘドロって
ほどんど油なのだねー。真っ黒で、ちょっとつくと臭いが取れやしない。
河をきれいにするのは、結構大変なものですよー。
でもこんな河にも、鴨や鷺がいる。
実家に戻ったのは母親の塾の25周年祝い。今まで常に仕事を優先してきたものの、
今回は仕事より前に予定が入っていたので、複雑な心境ながら帰った。
まあロケもうまくいったし、帰ってよかった。
日曜の夜は川口のタイ料理屋へ。
ソムタムとグリーンカレーでシンハーだー!うまい。あたり。
帰ってレッズ―ガンバ戦(録画)を見た。
うーむ。負けた…。感想は、「頑張ったがダメ」…。

■月曜日は寒い。うーん。Tシャツでいられないし、憂鬱だ。
漠然とだがずーっとTシャツでOKなトコに住みたい。と
あほなことを思う。
「報復」
読み始める。
マーボドーフ、鳥スープ、きゅうりとミニトマトとセロリのサラダ。
家のご飯は幸せだ。
「TRICK」新作スペシャル見る。

■火曜日。水車とゴムボートを用意しなくてはならなくなる。うーん、どうすっか。
シンポジウム「子どもの居場所」進行案を書く。
事務所に誰も居ない(寂)。

■なんかブロスにも載っていたがラトビア戦後の中田英の
インタビューについて。態度が悪いだのインタビュアーが
勉強不足だの、どーも視点が的外れなものが多い気がするので書いとこう。
あのときのインタビューで「???」と思ったのは(たぶん多くの人もそうだと思った
だろうが)そんなことでなく、もっと単純なことだ。
やり取りは以下のとおり。
インタビュアー:
「何か、ワールドカップ本番を思わせるような緊迫した雰囲気になりましたが、結果2対2でした(マイクを向ける)」
中田英:
「いやまあ、やっぱり前半で取れるうちに得点を取らなくって、それがやっぱりこの結果につながったと思います」
試合を見ていれば、誰もが、これは攻撃的に組み立てられていた前半に、
点を取れなかったのが課題で、中田英もそこを
問題にしている、と思う。ところが次の質問が、
イ:「前半かなり攻撃的にいい形もできていたと思うのですが」。
これはほぼ、中田英が答えたことを繰り返してるに過ぎない。
中田英はあきらかにこの瞬間、「今それ俺が言ったじゃん」という顔をした。
僕も、「いやそれ言ったでしょ」と突っ込んでしまった。
で中田は、
中:「……はい、で、何でしょうか(笑)」
と答えたのだ。
これがなんだが礼儀だの勉強不足だのの問題になるのは、なんかヘンだと
思うのよ。要は人の話を聞いて受け答えしているかどうかって話だと思うのだ。
緊張したのかなんだか知らんが、人の話を聞かず事前に決めたことを
復唱するしかできないインタビュアーがただ「未熟」ってだけの話。
100パーセント中田英に「非はない」と、思う。

で、そこから派生した考えだけど、なんか日本のお立ち台のインタビューとかって、
質問者も答える側もお互いの話を聞いてないことが多い。
しかし、お互いの「仕事」を考えたとき、別に選手が興奮して自分の言いたいことを
言ってしまうことや、質問された内容と違うことを言っても、それはある程度
許容するべきだと思うのだ。その前に「仕事」をしたのであって、インタビュー
はその「仕事」についてその人の人柄が伝わればいいのだから。
でもインタビューする側がそれに胡坐をかいて適当にふっときゃ答えるだろう、
という、怠慢な慣習を感じてしまった。
今回は中田英がきちんと人の話を聞いて答えようとしているのに対し、
そのインタビューが「仕事」である筈のインタビュアーの怠慢さが目に付いて、
それはその人個人ではなく全体の体質であるような気がして、
そしてそれが問題にならず、なんだか中田英の礼儀や「勉強不足」の話に
収拾されるのを見て、ちょっと空恐ろしくなった。

で、次のウクライナ戦のインタビューは、インタビュアーががっちがちで、笑った。
つーかもうちょっとサッカーのこと知ってて普通に受け答えできるインタビュアーって
いないんかい?

肉体仕事してると頭も肉体派になるのね、少し。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅の写真を

どっかに上げよー上げよー、と思っていたのだけども。
とりあえずここに上げてみた。
携帯からなのでとても汚いけども。
あげていいものかどうかわからないものもあるんですけども。

http://photos.yahoo.co.jp/bc/uteki0419/lst?&.dir=/%a4%d9%a4%d3%a1%bc%a4%d5%a1%bc%a4%c9%a4%ce%a4%aa%a4%e2%a4%d2%a4%c7&.src=ph&.view=t

| | コメント (0) | トラックバック (1)

なんだか

今週はバタバタ。
昨日の夜、「ワンダと巨像」終了。エンディングはちょっと謎のままですが、
たぶんあれが、あれに繋がっているのだなあ、と。
2週目以降もお楽しみがあって、まあ暇ならやりこみできるのねん。
ICOのようにおまけがあるかどうかが謎だ…。
ここから来週火曜日くらいまでは仕事が立て込んでいて、一気だ。
あああ。(ため息風。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋さ

■5日(土)。
早稲田に渋さ知らズのフリーライブに行きましたあ。踊りまくりで、えがったー!
でも「ひょっとこ」が聞けなかったのが心残り。ワンマン行ってやるう。

■ついに「ワンダと巨像」あと1巨人!個人的に「スカート付き」と
名づけました。まだお姿拝んだだけですが、大変楽しめたゲーム。
物足りないくらい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

CDをたくさん買った。

金もないんのにねん。いや金ないからこそ!

■赤羽39/Theピーズ
自分の中では19のときから「日本一のバンド」であり続けている。
新宿のタワーでかつてないキャンペーンが開かれていてびっくり。
発売初日の店売上が1位でまたびっくり。遂にキテるんか?

■ひるね/たま
昔テープでしか持っていなくて、折に触れ「鐘の歌」が聴きたかった。
Q盤で見つけたので勢いで。

■ムーンライダース/P.W Babies Paperback
聞き込まないとねー、よくわかんないのよいつも。
でも帰り道とかに、あ、あの歌って…と思い出すのが多いのが
ムーンライダース。

■SION/'98>'03
SIONも長いことふぇいばりっとであり続けていますが、
2000年以降くらいから、あの声をさらにわざとツブして
いるような気がしてしまったのと、ある意味ピーズなんかより
早く「抜けて」しまった気がして、あまり聞いてなかった。
久しぶりにちゃんと聞いてみるつもり。

さあ、これらを贅沢にBGMにしつつ、仕事仕事。

■一昨日は一寸食魔ぎみ。昼は仕事の打ち合わせをしつつ、きちんと定食、
夜はギョーザとチャーハンでビール2杯、その後さらに立ち飲みで
キャベツとえいひれつまみにビール2杯、マッコリ2杯。
帰って氷結1本。酔いではなく、腹がいっぱい。
昨日は買い物しつつ新宿の回転寿司、入ったらマズかったのでちょびっと。
CD買った勢いでサムシングへ。旅帰ってから来てないそうで。
相変わらず美味い。ここに来るとほとんど会話なく、幸せそうな顔で
黙々と食うはめになる。会話なく幸せなのは、幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語の

いたずらメールが、もうわんさか来る。大体違法ソフトの販売目的なのだが、
今日来たメールの題名がLogfiles for Host.
試しに本文を@ニフティ翻訳で自動翻訳してみた。

■Sensational revolution in medicine!
Enlarge your penis up to 10 cm or up to 4 inches!
It's herbal solution what hasn't side effect, but has 100% guaranteed results!
Don't loose your chance and but know wihtout doubts,
you will be impressed with results!
↓翻訳
■医学の驚異的な革命!10cmあるいは4インチ以内までの陰茎を拡大させてください!それは草木の解決です、していないもの、副作用、しかし100%を持っている、結果を保証した!あなたの機会を解かない、しかしwihtout疑問を知っている、結果に感動するでしょう!

…うーん。なんとなく解っておかしい。っつーかHostってあのホストなの??
自動翻訳のおかしさもさることながら、
今ネット上を飛び交っている何億にも上る「意味の無い」メールについて考え
愕然としてしまいました。そういう類の迷惑メールって、1通でも届いたが最後、
日に日に倍々ゲームであっちからこっちから届くようになるのだけど、何故?
どことどこが繋がってそういうことになっちゃう訳?
こんなネット社会に於いて、「発言」が自発的に為されるなんて大嘘だ。
全ては他動的に為される。
と思ってしまうのよ。

■今日から知り合いDの「素敵な宇宙船地○号」のロケのお手伝いを一ヶ月することに
なりました。話を聞くとせっぱつまってる~。
まあできる限り頑張ります。声もかけてもらったことだし。

■昨日の「コンセント」の感想を書いてから、そうだ、こういうことだったんだ、と
思いついたことがある。昨日の書き込みだけでは、映画は×で原作は○、って
感じなのだが、そうではない。
映画は原作に忠実だ。
つまりあの小説を映像化すると、あんななのだ。
で、原作をフィードバックすると、あー、なんとなく読んじゃったけど、
原作もヘンじゃん?
と、気づいてしまう映画だったのだ。その意味では映画と小説の関係性は正しい。
この原作のいいところはこう描くべきだろー、といった感想が一切出てこないのだ。
では何故自分は読んだのか?その最中どんな画を描いていたのか?
「読ませてしまう」筆力の由来を考えようと思ったりする。

■昨日は11月突入記念と、DVDを焼く仕事(定期的にディスクを入れ替えるため、
テレビの前から離れられない)を理由に、夜分から1人湯豆腐を始めた。
日曜日につくったいわしのつみれ鍋のほんの少し残った汁を小鍋に入れ、
水と酒と切り込みを入れた昆布を入れ、キャベツのざく切りを入れて
火にかける。一回沸騰したら弱火で豆腐を入れる。
すっかり煮え花豆腐のとりこ。オヤジですねん。
日本酒にあうことあうこと。ねぎのみじん切りと、もみじおろしを入れた
ゆずポン酢で喰う。
更にこの日は、豚肉もちょっと買ってあった。豆腐が終わり、まだDVD作業が
終わらないのでそれもしゃぶしゃぶして喰う。
いままで豚肉をゆでたスープは、どうしても臭みが出るようで好きでなく、
この日も食べ終わって捨てようと思ったら、ずーっと弱火だったせいか、
アクのもろもろと、澄んだスープが見事に分離している。
ふとおもいついて、アクとりで丁寧にもろもろアクをとり、スープに黒胡椒を
がりがり摺って、飲んだらこれがばかうま。スープを飲みながら
日本酒が飲める絶品のスープでした。
あんま美味くて、寝てる相方をあやうく起こして味見させるところだった。
ポイントはとにかく弱火。(チャーハンと逆だ。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11月

毎日毎日だんだん寒くなる季節。
この季節が一番嫌いだ。気をつけないと憂鬱に蝕まれるし。

■「ワンダと巨像」大変シンプルな作り。世界観はっきり。
巨像1人目で死にまくり、アクション苦手者には敷居高いかと思ったけど、
難易度的に1人目をやや高くし、慣れさせるゲームバランスと見た。
面白いっす。ただパズル好きとしてはもうすこし攻略に知恵を使いたい。
まだ半分だけど。進むのが惜しい感じ。

■29日(土)
埼玉スタジアム。レッズ対フロンターレ。疑惑のノーゴールもあったが
勝ち。観戦して勝ったのはもしかして初めて?
ゲンがいいことにして、また来よう。ちなみに首位ガンバは負け、
2位鹿島と3位セレッソは引き分け。棚ボタ的に全ていい方向に。
次はガンバだ!

■30日(日)。
パウンドケーキを焼く。毎回そのバターの量に驚く。
夜はいわしのつみれ鍋。もうすっかり鍋の季節だ。
ミキサーでも結構なめらかなつみれができる。
家の鍋は大抵葛きりをいれるのだけど、これがうまい。
白菜の代わりにキャベツを入れるのも好き。
豚キムチなどはもちろん、水炊きでも美味。
相方が「ワンダと巨像」をやっている。
本気でムカついてるのがおかしい。
相方がゲームをやるのは数少ないけれど、表に出る真剣度が
なんか自分と違うのだ。
コントローラーをぶちこわさんばかりの勢いを感じる。

■31日(月)。
DVDジャケット直し。なんかいろいろ修正が入って混乱だろうなあ。
夜チャーハンを作ったのだが、集中が足らず、史上最低な
チャーハンができた。鍋から煙があがるくらい熱したところに
たまご→ごはん→にんにく、ハムみじん切り、といれなきゃいけないところ、
なんとなくにんにく、ハムみじんぎりを入れてしまい、焦げるので弱火にしてしまい、
焦げ付きや相方との話に気をとられてそのまま弱火で作り続けてしまい、
全部具を入れたところで気づいて強火にしたのだが、
まわりこげこげ、なかぐちゃぐちゃのチャーハンになりました。
今日の教訓。チャーハンは強火!
夜映画「コンセント」見る。うーん。原作には忠実だけどねー。
映画にするとこうなっちゃうんだ。
なんとなく精神世界に精通している風の、
超能力者みたいな男とすぐ寝る主人公。
「コンセント」や「チャージ」とか、小説ではさらっと読めるけど、
台詞にするといちいちひっかかるカタカナ言葉。
深い精神的抑圧よりも、変態しか見えない大学教授。
ただのおばけのコンセントをもった兄。
原作に忠実な分、カルトな映画にもなりきれないのだった。
ラスト付近、主人公が錯乱するときのバックったら、
下卑たクラブのネオンみたい。

■1日(月)。
DVDを焼く準備を整え、テープが届いたと思ったら、なんだこれ
DVCAMじゃん。だめだー。某に行こうかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »